2018年12月 9日 (日)

スペインの変り種切手色々

Woodtransspa

 スペインでは、先にご紹介したゴム製切手以外にも、ここ数か月の間に様々な変り種切手が発行されています。

 最初の画像左側は、9月に発行された木製切手で、オセアニアを発見した探検家のアルバロ・デ・メンダーニャ・デ・ネイラを描いています。昨年11月に発行された木製切手の続編とも言うべき切手ですが額面は3.3EURと高くなっています。
 最初の画像右側は、10月に発行された、ステンドグラスを描く、アセテート製の透明切手です。画像では判りにくいですが、ステンドグラスの形に型抜きされた変形切手です。
Hamspa
 2番目の画像は、10月に発行された「生ハムの味付き」切手です。Webサイトの説明に"Offset and ham flavour"と書かれているので、ハムの味が付いているのは確かですが、インクに付いているのか、裏糊に付いているのかは説明文だけでははっきりしません。実物の切手が届いて裏面を見ると、裏面に生ハムのような模様が付いていますので、おそらくは裏糊の中にハムの味が付けられているのだと思います。ただ、匂いをかいでみてもそれらしき匂いはしません。
Sandspa
 3番目の画像は、高速列車を描く切手で、黄土色の部分に砂が混入されているものです。これも10月に発行されました。
 

| | コメント (0)

2018年12月 8日 (土)

世界初のゴム製切手

Rubberspa1
 今や変り種切手大国となったスペインから、9月にまた新たな変り種切手が発行されました。
 発明家のコスメ・ガルシア・サエスの生誕200年を記念した切手で、チョコレート色をしたゴムに凸凹を付けて図案としています。裏面は「3M」の大きなロゴが入った剥離紙が付いているセルフ糊切手です。
 一見するとチョコレートの様ですがゴムなので食べられませんし香りも付いていません。また、ゴム印の様にも見えますが、図案が逆さに彫られてはいないので、ゴム印にもなりません。
 このような切手にどうやって消印をするのか心配になりますが、同時に購入したFDCを見る限り、消印は押されていません。よく見ると、FDCに貼られた切手の右下に丸い穴が空いていますので、ひょっとしたら消印の代わりに穿孔が空けられているのかもしれません。
Rubberspa2
 ちなみにこのコスメ・ガルシア・サエスという発明家は、潜水艦を考案したり、日付入り消印を発明した人だそうです。

| | コメント (0)

2018年11月19日 (月)

中央アフリカのスクラッチくじ付切手

Macaoscratch

 9月にマカオで開催されたアジア国際切手展の会場で販売された小型シートが届きました。
 全体が寺院の建物の形をした変形シートで、扇形の切手が4枚納められています。これだけでは珍しくはありませんが、シート下部にスクラッチのくじが付いているのが注目されます。"WIN YOUR STAMPS"と書かれていますので、賞品は切手だったようです。

| | コメント (0)

2018年11月18日 (日)

絵の具添付切手

Paint1

 9月にエストニアから新しいタイプの異物添付切手が発行されました。
 画像のとおり、パレットを象った小型シートですが、その右端の青い絵の具をこぼしたような図案部分に、水彩絵の具が添付されているのです。裏面に説明のイラストがありますが、この部分に水を付けてこすると、絵の具が使えるようになっています。
Paint2
 なお、今日まで開催されていた全国切手展JAPEXの会場には、エストニア郵政のブースがあり、そこで1枚1,300円で販売されていました。また、この切手の製造を行ったカルトール社の展示ブースでも、昨日紹介した「帆の断片添付」切手と並んでこの小型シートが展示されていました。
 上の画像は、カルトール社のブースで無料でもらえた記念シールを貼って、エストニア郵政の記念印を押したものです。良い記念品ができました。

| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

帆の断片添付切手

Yacht1

 コロンビアから7月に発行された、異物添付切手が届きました。海軍の練習帆船であるARC GLORIA号の50周年を記念した切手で、後部の帆の部分に、本物の帆の断片が添付されています。「帆布」と表現すると、ズックとも呼ばれる丈夫な布地の意味になりますので、あえて「帆の断片」と呼ばせてもらいます。
 帆の断片部分の拡大画像は次の通りです。
Yacht2
 製造は、フランスのカルトール社で、限定1,800枚の発行です。
 それほど豪華ではありませんが、紙製の箱の中に説明書と共に収められています。また、説明書にはコロンビア海軍司令官とカルトール社社長の「自筆」サインが入っています。
Yacht3
 問題は価格ですが、本来は1万円以下で買えてもよさそうですが、ネットを色々探しても高い店ばかりでした。結局アメリカの業者から購入しましたが、送料も入れると2万円近くかかってしまいました。痛い出費です。
 

| | コメント (0)

2018年10月22日 (月)

オーストリアの刺繍切手

Shishuaus

 オーストリアから、9月に発行された刺繍切手が届きました。
 同国からは2年前に民族衣装型の刺繍切手が発行されました。その続編とも言うべき切手で、帽子をかたどった刺繍になっています。
 額面は6.9ユーロと、2年前の6.3ユーロより少し高くなっています。

| | コメント (0)

2018年10月21日 (日)

米国の薄型レンティキュラー切手

3dusa

 少しご紹介が遅くなりましたが、8月にアメリカでもレンティキュラー印刷切手が発行されています。シルクハットからウサギが出てくる手品をコマ送りで見られるもので、同図案の永久切手が3枚収められた小型シートです。
 届いたシートを手にとって驚いたのは、レンティキュラー切手にしては薄いことでした。レンティキュラーレンズの凸凹も、良く見ないと判らないぐらいのきめ細かさです。これだけきめ細かいレンズだと、誤差による図案のズレ等の危険があるはずですが、それをクリアした高度な技術で製造されているようです。
 また、比較的安価(数百円)で買えたのもありがたいことです。

| | コメント (0)

2018年9月25日 (火)

ブータンの超立体切手

3dbhu

 最近は、レンティキュラーレンズを用いた切手の発行はそれほど珍しくなくなりましたが、8月に本家のブータンからも久しぶりに発行されました。
 ブータン初の人工衛星を記念した切手で、人工衛星の写真と、ブータンの代表的な建物(寺院)が交互に現れます。この複数図案切替タイプのレンティキュラー切手は、ブータン初となります。
 と思ったところで、レンティキュラーレンズの向きが変なことに気づきました。通常、立体視タイプの場合は(左右の視角のズレを利用するため)レンティキュラーレンズを縦縞にして使い、複数図案切替タイプの場合は(左右の目で同じ図案を見るため)横縞にして使うのですが、今回の小型シートは縦縞にして使っているのです。
 さらによく見ると、人工衛星と寺院のそれぞれの図案が立体的に浮かび上がっていることが判りました。つまり、この切手は、立体視の図案が2種類切り替る、ハイブリッド型の超立体切手ということになります。
 発行数は、購入したインドの切手商によると4,000シートだそうで、裏面にはシリアル番号も入れられています。
 この切手商は、ブータンからの実逓便も送ってくれたのですが、残念なことに、切手の上には消印が押されていませんでした。
3dbhuc
 
(2018年10月10日補足)
 発行枚数ですが、別のニュースでは、5,000シートとされています。
 また、このブータン初の人工衛星は、日本の九州工業大学のプロジェクトとして開発されたものだそうです。ブータンからの留学生4人も参加しています。

| | コメント (0)

2018年9月24日 (月)

北朝鮮の絹製&レンティキュラー切手

Gandhikorea
 北朝鮮から最近発行された変り種切手を2点ご紹介します。
 1つ目は、7月に発行された、糸車を使うガンジーを描いた絹製切手です。小型シートが寺院の輪郭を描く変形となっており、絹製の変形シートはこれが世界初となります。
 確か、ガンジーの糸車は綿糸だったはずですが、なぜ絹製なのかは疑問のあるところです。
3dkorea
 2点目は、レンティキュラー切手で、8月にチェコのプラハで開催された国際切手展の会場で販売されていたものだそうです。
 花とミツバチ、そして蝶を描く2種の切手が納められた立体視タイプのもので、目打入と無目打の両方があります。
 

| | コメント (0)

2018年9月16日 (日)

ジャージー島(およびモン・サン・ミッシェル)にて

Coverjersey1
Jerseypostoffice1_2
 旅行の5日目(8月30日)は、ジャージー島にいました。ホテルのそばのスーパーの奥に郵便局(画像2番目)があったため、朝一番で訪問し書留便を出します。
 書留は2通出したのですが、1通目の書類を書いている間に窓口の人が消印(やや不鮮明)を押してしまったので、慌てて2通目を出す際に「消印をここに押してくれ」とリクエストします。何でも日本と同様に切手の中央ではなく封筒に掛けるように押印しなければいけないそうで、ギリギリ封筒に掛かる位置で日付が読めるように押してもらえました。出来上がりが一番上の画像で、2017年発行の木製切手に、蜂蜜の香り付切手とホログラム切手を貼ったカバーです。ガーンジーと似たデザインの消印で、局名は"Roseville St Jersey"となっていました。
 続けて、普通便を数通差し出したのですが、普通便には窓口で消印できないそうで、そのままもっていかれました。後日届いた郵便には、大き目の消印がシートのど真ん中に押してありました。
Coverjersey2
 その後、バスで約1時間の通称"Jersey Zoo"へ向かいます。ここは、正式名称を"Durrell Wildlife Conservation Trust"といい、2017年に発行された木製切手が記念する自然保護基金プロジェクト(Darwin Initiative)のパートナーになっています。
Jerseyzoo1
 自然保護を主体とした動物園のため、ゴリラやオランウータンが自然に近い環境で飼われ、ガラパゴスゾウガメ等もいました。
Jerseyzoo2
 ここの売店で購入した、創設者のDurrell氏とチンパンジーを描いた絵葉書に、持参した木製切手を貼ってポストに投函しておきましたが、届いたはがきには、インクジェット印で鮮明な消印が押してありました。島の郵政でインクジェット印が使われていたことに少し驚きです。
 これでジャージーから差し出した木製切手のカバーは3通とも成功で、しかもタイプの違う消印をゲットできました。
というと大成功のようですが、同時に差し出したホログラム切手やレンティキュラー切手、蜂蜜の香り付き切手のカバーの消印は不鮮明で、全体としての成功率はほぼ半分といったところです。本当に外国での実逓カバー作りは大変です。
Coverjersey3
 動物園から市街地に戻り、郵便局の本局を訪問してみました。中では郵便窓口に加えて、レターセットや梱包用品やちょっとしたお土産も売っており、オーストラリアの郵便局に似ていました。少し前に発行されたフランケンシュタインのレンティキュラー切手が売られていましたが、結局ここでは何も買わずじまいでした。
Jerseypostoffice2
この日の夜遅く、フェリーでフランスに渡り、翌6日目(8月31日)は、有名なモン・サン・ミッシェル観光をしました。事前に聞いていた情報どおり、入口を入って程ない所に郵便局があり、モン・サン・ミッシェルを描いたPスタンプが売られていました。
Montsaintpostoffice
 Pスタンプは10種入りで16ユーロと結構な値段でしたが、せっかくですので、1組購入し、土産物屋で購入した封筒に、ハート型切手と共に貼って実逓便を作りました。
 消印はきれいに押されていましたが、Franceとだけ表示されていて、モン・サン・ミッシェルの表記が無いのが残念です。おそらく左上の21618A-02という表記がこの地域の郵便局の番号なのでしょう。
Covermontsaint

| | コメント (0)

«ガーンジー島(およびハーム島)にて